車検

こんにちはm(__)m

店主です。

車検・・・

旧車の場合は非常に厄介な場合が稀にあります。

通常お客様より依頼される車両は問題ないのですが長期間不動だった車両等は稀にはまり込みます。

今回の事件はこいつだ!!

DSC_0729

GPZ君です。

比較的新しい車両です。

とは言っても83年式ですから31年前の車両です。

新しく感じる私は時間が止まっているのでしょうか??

エンジンも調子よく問題が無い車両だったのですが、車検場でいきなりハイビーム不点灯・・・

取りあえず・・・

DSC_0731

バラして原因追究・・・

GPのカウルは初めて外しましたが簡単に外せることを知り何故か感動・・・

余韻に浸る暇もなく原因追究・・

するほど時間もないの球が切れていないことを確認に取りあえず配線増設にて車検クリアーを狙います。

DSC_0732

何があっても対応できるようにバイク屋さんの車には色々なものがギッシリ(笑)

これで万が一にも対応できます。

車検も無事に終わり次のターゲットを物色しに倉庫に出向きます。

DSC_0741

比較的数のあるCBX君を次のターゲットに決定

フォークリフトで2階から降ろします。

この歳までフォークリフトを運転することはありませんでしたが今では上手いものです。

DSC_0738

と思ったらタイダウンベルトが外れ危うく大惨事手前(-_-;)

危なかった・・・

油断禁物です。

日々整備に追われてます。。。

こんにちはm(__)m

店主です。

8/26の逆輸入車大量入荷から1カ月弱・・・

販売するにあたり日々車両のチェックと整備に追われています。。。

車両はチョイチョイとフェイスブック等で紹介させていただいておりますが、やることテンコ盛りで老体が悲鳴をあげてます(笑)

まあ全車不動の現状渡しという訳にはいかないので取りあえずガソリンを入れてセルにてエンジンを始動できる車体から仕上げています。

しかし・・・

問題が・・・

DSC_0721

直管車両多すぎ・・・・・

大型故・・そこら辺の暴走族なんて目じゃないくらいの爆音・・・

外人さんは直管が好きなんですかね??

正直回転回せないし調子の良し悪しもわからないので・・・

DSC_0722

PMCさんにて購入しました。

メガホンサイレンサーSサイズ!!

とは言っても・・・

DSC_0723

結構な大きさでは??ないでしょうか??

車検は無理だと感じましたので・・・

中古パーツをあさると・・

DSC_0724

以前車検で使用した50パイSサイズのバッフルを発見しましたので

DSC_0725

IN側をドリッて

DSC_0726

装備!!

しましたが音量はあまり変わりませんでした(泣)

ちなみに明日は2台の予備検です。

不安材料がありますので心配ですが後日報告させていただきます。

それではおやすみないです!!

 

始動確認

こんにちはm(__)m

店主です。

先日、入荷した車両ですが販売するにあたり選別をしました。

バラ売り・現状売り・中古車・レストア予定車等

バラ売りは簡単です。

程度と見た目で決めます。

現状売り・中古車の境界線は難しいです。

ですので初めは全て現状車にし手が空き次第、1台1台のコンディションを確かめながら始動確認をしエンジンが問題ない車両は中古車となりエンジンに問題があるような車両はレストアされたりバラ売りとなります。

DSC_0642

とりあえず2気筒ですし整備の簡単なGSからチェックします。

エンジンは驚異的に丈夫です。

他に類を見ない強靭なエンジンです。

DSC_0643

まずは基本中の基本。

プラグホールから圧縮を計ります。

DSC_0645

この時、プラグの焼け色を見ることにより今までのコンディションを確認出来ます。

この車両は若干黒いですが悪くないですね。

DSC_0644

いきなりキックを降ろすと油膜切れを起こしている場合、スリーブ内を痛めてしまうことがあるので寝ていた期間がありそうな車両は必ずプラグ穴からオイルを少量注入してあげましょう。

私はスプレー式で楽ですしゾイルスプレーを使っています。

DSC_0646

プラグ穴のまわりの砂などの異物はは事前に取り除くことをお薦めします・・・

シュシューと少量スプレーし

DSC_0647

ゆっくり何回かクランキングさせてからコンプレッションゲージにて圧縮を測定します。

10k~非常に優秀です。

基本的に欧州の車両はフリーウェイの関係か??過走行が多いです。

が、その分しっかり整備されている車両も多いです。

DSC_0659

圧縮があるということはエンジンは必ず始動します。

始動前にはオイル交換は必須です。

DSC_0653

履歴が分からない場合、オイル交換の際にはケチらずオイルエレメントも交換です。

オイルですが弊社では化学合成油の車両や季節により10w40または15w50を使用します。

DSC_0654

エレメントを外すとスラッジ等の汚れが溜まってます。

DSC_0655

弊社ではパーツクリーナーで洗浄しますが、もったいないという方はトレーに灯油などを入れて刷毛で洗ってもよいです。

安いパーツクリーナーは効力が弱く結果倍使用するのでお勧めしません。

DSC_0656

あっという間に綺麗になります。

Oリングも必ず交換してください。

DSC_0657

無駄なくオイルを規定量注入します。

DSC_0658

別体のガソリンタンクに新鮮なガソリンを入れます。

そしてキャブレターに直結します。

この際、オーバーフローなどのガス漏れを起こす場合は危険ですので作業を中断しキャブレターの点検、オーバーホールを行います。

そして緊張の一瞬・・・

セルを回すと・・・

DSC_0660

いとも簡単にエンジン始動・・・

しかもアイドリングも安定しています。

これはキャブの調整もポイント調整も必要ない感じです。

後はエアクリーナーエレメントの点検・交換を行います。

この車両は非常にコンディションが良いので追加オーダー可の中古車となりました。

追加オーダーとは売価を安く設定しお客様の依頼によりタイヤの交換や再塗装、カスタムを行うことを指します。

Z系でも同じくです。

ベース車両は多数ございますので一度遊びに来て下さい。

続々入荷

こんにちはm(__)m

店主です。

本日ようやく欧州便&アメリカ便の車両が入荷いたしました。

何故か予定より2台少ない34台が入荷です。

朝の8時半~夜の6時半過ぎまで荷降ろし+移動+仕分けでとてもハードな1日を過ごしました((+_+))

DSC_0607

間近で見るとびっくりするくらいデカイ40ftのコンテナ到着です。

DSC_0612

人海戦術でバイクをドンドン引きずり出します・・・

物凄い湿度と気温で汗が止まりません…

とてもコンテナで密入国なんて出来るはずがありません。

引きずり出した車両はO君がフォークリフトを手足のように使って降ろします。

DSC_0614

極上のKZ550を運び出すクマモン…

いつからクマモンになったんだ??

DSC_0615

2t車を借りるべきでした…

ハイエースで店まで10往復~

Z系は何とか2台入りますが正直大変です。

DSC_0616

ドン!!と並んだ旧車達!!

即エンジン始動してしまう車両もありました。

現地で大切に乗られていたであろう車両…

おそらく何十年も放置されていたであろう車両・・・・

皆様の下で可愛がってあげて下さい(笑)

御来店お待ちしております。

 

 

夏休み

こんにちはm(__)m

店主です。

7月の末に一足早く夏休みをいただき1週間ほど故郷へ帰郷しました。

過疎化が進み夏なのに誰もいません・・・

自然は手つかずです。

幼少の頃から慣れ親しんだ・・・

DSC_0454

岩場に行き・・・

DSC_0459

丁度、貝の解禁日だったのでトコブシ等を採り・・・

※密漁ではありません

DSC_0464

近所の方々とBBQをしたり・・

DSC_0504

カサゴ等の磯魚を釣りに行っては・・

DSC_0505

煮魚を作ってみたり・・

DSC_0493

貝の煮付けもついでに作ってみたり・・・

DSC_0488

お隣の漁師さんに船に乗せてもらい・・

DSC_0498

夕方の海に出船し・・・

DSC_0501

イカを釣ったり・・・

DSC_0502

釣ったイカを漁師さん一押しの姿焼にしてみたり・・・

DSC_0475

久しぶりに捕まえた玉虫に童心にかえったり

DSC_0471

磯場で捕まえたセミエビが絶対にゴン太君に似ているとニヤニヤし・・・

DSC_0508

久しぶりに見た綺麗な虹に感動し・・

DSC_0510

雨上がりの夕焼けに見とれながら帰路についた、あっという間の夏休みでした。